HOME施工事例まるごと改修築120年・古民家再生リフォーム

築120年・古民家再生リフォーム

公開日
外観

お客様の要望

  • 地震で被害のあった築120年の住宅、建替えが良いかリフォームの方が良いか。
  • 部屋数は3~4室あれば良い。
  • 自然光が差し込む明るい住まいにしたい。

担当者から

地震で被害のあった築120年住宅、W様より予算内で建替えが良いかリフォームかのご相談でした。

天井を剥がしてみると、あまりにもりっぱな梁(はり)や桁(けた)がありましたので、古民家再生住宅をご提案。

ビンテージ物の「梁」や「桁」をあらわしとしたLDK。大黒柱や解体した梁も玄関ホールで再利用、120年もの家族の歴史が新しい形になって受け継がれました。

手作業でのコンクリート基礎工事や柱の補正、さらに耐震補強は大変でしたが、無事完成!3ヶ所あるトップライトから自然光が差し込み明るい部屋や廊下になりました。

外観はすっかり変貌し、「新築したみたい」と近所でも評判との事です。

施工データ

施主様 W 様
ご住所 茨城県常陸太田市
ご家族構成 1世帯
築年数 約 120年
工事個所 まるごと改修、基礎、浄化槽
総工事費 約 1,530万円
工期 約 90日
ショップ ミスタービルド 大宮

ビフォー・アフター

外観

Before

f6_before01.jpg

石の上に建物が乗っている伝統的な築120年住宅。

瓦も外壁も建具も骨組みだけを残して撤去。

一旦、建物をジャッキアップして手作業で土を漉(す)き取り砕石、鉄筋を入れてコンクリート基礎で仕上げました。

After

外観

古民家再生住宅をご提案。

外観はがらりと変わり新築したみたい。

大震災で瓦が落ちてしまいました。(約45坪)

土間、台所だった所を壊し減築して約32坪とコンパクトに設計。コンクリート基礎に土台がのり構造部も耐震性を高めました。

屋根は「切り妻」の瓦葺き。外壁は細い石積み柄のサイディングで仕上げ、物干し用の白いデッキテラスを造作。外観はがらりと変わり新築したみたいです。

LDK

Before

f6_before02.jpg

板戸や障子で仕切られた部屋は日中でも暗く照明が必要でした。

After

LDK

3ヶ所あるトップライトから自然光が差し込み明るい部屋になりました。

建物の中心に28畳の広々LDK。

天井を高して「梁」と「桁」をあらわしにした趣のある空間になりました。

床はフローリング、壁・天井の白いクロスが梁や桁を引き立てます。

お客様の声

新築かリフォームか迷いましたが、古きよきものを生かしたリフォームに満足です。

フォトギャラリー

  • 対面式キッチン

    対面式キッチン

    料理を作りながらご家族と会話のできる対面式キッチン。

    配膳や簡易的な食事に重宝するカウンターもついて便利です。

  • 「梁」や「桁」

    「梁」や「桁」

    高い天井にはトップライトを設置。自然の光がやわらかく降り注ぎます。

    夜は照明が「梁」や「桁」を照らしノスタルジックな雰囲気を醸し出します。

  • 玄関

    玄関

    玄関を入ると存在感のある梁と柱が目に飛び込んできます。

    太い柱は大黒柱を移設、「上がりかまち」も「梁」を加工して再利用。

    築120年の歴史が受け継がれました。

  • トイレ

    トイレ

    浄化槽を設置して水洗化。シャワートイレは快適&清潔。

    広めのトイレにはカウンター付き手洗い器を設置しました。

  • 洗面・脱衣室

    洗面・脱衣室

    洗面・脱衣室のコーナーにある「梁」。

    他の洋室や和室にも梁がアクセントとなっております。

  • 廊下

    廊下

    廊下2箇所にも天井にトップライトを付けたので日中は灯りをつけずに過ごせます。

    全ての部屋は段差のないバリアフリー仕様。